2006年04月06日

【自転車、赤切符はおかしい!】

 警察庁が自転車の交通違反に赤切符を適用するそうだ(産経新聞4月6日)。
 たしかに、10年前と比べ、歩行者との衝突事故は5倍近く増えている。原因は自転車の無謀運転だという。だから、自転車の無謀運転を防止する必要がある。ここまでは賛成だ。

 しかし自転車の違反に赤切符を適用することは、クルマやバイクの違反と比較すると公平とはいえない。
 クルマやバイクは自転車より、はるかに重量があり運転しにくい。同一速度で歩行者と衝突した場合、歩行者の生命身体を害する危険性は自転車の場合より、ずっと高い。
 また免許が必要なクルマやバイクで信号無視をした場合は、免許不要の自転車で信号無視をした場合より、重い非難が可能であろう。

 にもかかわらず、クルマやバイクで違反したときは、青切符で済む場合がほとんどである。つまり反則金を郵便局で支払えばこれで終わり。
 しかし自転車の違反の場合、常に赤切符を切られ検察官の取り調べや裁判所の裁判を受けなければならない。これでは、バランスを欠く。

 またクルマやバイクで違反して青切符を切られても前科にはならないが、自転車で違反すれば常に前科がつくのでは、さらに不公平、不平等であろう。

 自転車の違反には青切符制度は適用されない現状がある(NEWSゆう。2005年4月22日)。だから自転車にいきなり赤切符を切ると、以上のような不都合が生じる。

 自転車の違反もクルマやバイクの違反と同じく、厳しく取り締まる必要があるなら、クルマやバイクの場合と同じく青切符制度を自転車の場合にの導入する必要があると思う。
posted by ZT at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

川崎転落死事件の被害者について!

 川崎転落死事件の被害者は第一に殺された雄樹君とその家族であることはいうまでもない。特に家族の心のケアー大切で、カウンセリング等の社会のフォローが必要であろう。

 他方、犯人の妻や3人の子供等もまた第二の被害者と言えよう。
 とくに犯人と同居していた妻や子ども、交通事故に遭った長女、寝たきりになってしまった父親もまた、容疑者の犯行のために大きな悩みをかかえてしまう。転落死に対しては家族に責任はない、と言って良いのではないか。家族は犯人のこのような犯行を予見できないからだ。

 にもかかわらず、家族は自責の念をいだくだけでなく、世間からは「犯人の家族」というレッテルを貼られてしまう。
 
 元建築士の妻のような結末だけは避けたい。加害者の家族に対してもまた社会のフォローが必要であろう。
posted by ZT at 21:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

川崎転落死事件の犯人って?

 川崎で小学生を転落死させた犯人は許し難い。が、この犯人、かなり悩みをかかえていたようだ。マイホームを購入すると同時に父親が寝たきりになり入退院を繰り返し、自分も体調を崩してしまった(毎日新聞四月四日)。
 さらに長女が交通事故に遭い、手術をするほどの重傷を負った。それに加え、その交通事故の加害者が犯人の取引先の社長だった(犯人のメルマガより)。
 人の一生の間には重ねていくつもの不幸不運が襲ってくることがある。このとき一人で立ち向かおうとすると不幸不運に押しつぶされてしまう。信頼できる人のアドバイスや援助を求めることも必要であり、求めることを恥じとしない勇気気概を持つことも必要だろう。
posted by ZT at 21:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

川崎転落死事件 犯人に自殺願望?

 川崎でマンションの15階から小学生を転落死させた犯人は、うつ病で自殺願望を持っていたという。

 犯人は何を考えていたのか?。私なりに考えてみる。

 うつ状態になり自分がいやになり自分という人間を否定しようとこころみた。この段階は、だれにでもありそうだ。

 そしてこの犯人は自殺願望まで持っていた。犯人にとっては自殺が自己否定の極致であると思ったからか。もちろん、ここまでなら犯罪にはならない。(思うに、自殺は自己否定の極致ではない。自殺しようとする自己を否定していないからだ。)
 
 ところが犯人は他殺を犯した。なぜ自殺志願者が自分でなく他人を殺すのか。むずかしい。

 自殺って自分という人間を殺すことだろう。すると他人という人間を殺す他殺と自殺とは「犯人の心理からすれば」同じことだったのかもしれない。自殺願望も他殺願望も人間を殺したいと思い、人の生命を軽視することは共通だからだ。

 すると犯人はもっとも身近な人間である自分を殺そうとした、つまり自殺しようとしたが怖くて出来なかった。だから犯人より体力的に弱い小学生や高齢者という人間をを殺そうとした。こういえるのか?

ただし自殺願望を持っている人すべてが他殺願望を持っている、とは必ずしもいえない。ごくごく一部の自殺志願者が他殺願望を持っているにすぎないと思う。

 この種の犯罪を防止するには原因をしっかりと解明することが第一である。捜査や裁判でも犯人を批判することだけでなく、犯人の心理に立ち入って犯人が犯行に及んだ動機、感情をも明らかにして欲しい。そうでなければ有効な対策が立てられないと思う。
posted by ZT at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、代表選か?

永田議員のメール問題も一段落した。永田議員は民主党同僚の馬淵議員の耐震強度偽造事件での活躍に刺激され暴走してしまったらしい(東京新聞四月二日朝刊一面)。永田議員前原代表もまだ若いのだから再度活躍するチャンスを与えてほしいと思う。

さて新執行部は党の存亡をかけて背水の陣で党の運営にあたる必要がある。従って代表は小沢氏菅氏といった強力なリーダーシップのとれる人が望ましい、と言われている。が、このような年輩者が強力なリーダーシップをとると若い人が活躍する機会を奪いかねないことが心配だ。
 
 しかし今は党の再建の方が重要か。


posted by ZT at 15:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

川崎、男児転落死事件 犯人逮捕!

 川崎のマンション15階から小学生を投げ落として死亡させた犯人が逮捕された。犯人は41歳の無職で、うつ病で精神科に入院したことがあり又長期欠勤のためカーテン店を退職したという。

 この犯人に対してはもちろん憤りを強く感じる。が、犯人には妻のみならず高校生を筆頭に子供が三人もいる。これら妻や子は、この犯罪の加害者ではなく、いわば被害者であろう。第一の被害者が雄樹君やその家族とすれば犯人の家族は第二の被害者と言えるのではないか?

 報道の際には、少なくとも第二の被害者として慎重に扱って欲しい、と思う。
posted by ZT at 20:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

麻原裁判、これで終わり?

 いわゆる麻原裁判で弁護団が控訴趣意書を提出しなかったことをうけて、東京高裁は控訴棄却の決定をした。これによりこの裁判は、異議や特別抗告が認められない限り、確定し終了することになる。

 しかし、実質審理が一審しか行なわれないでこれだけ大きな事件を確定させて良いのだろうか。確かに一審は二百五十回以上期日を重ねて十分に審理を尽くしたとも言える。つまり通常の刑事事件では三回から四回の期日で判決を下すことも多い中で、これだけの審理をした以上審理は十分とも考えられる。
 
 また被告人が訴訟に対し不真面目な態度でのぞんでいるから、二審の実質審理を受けられなくてもやむを得ない、とも言える。

 しかし一審の裁判官といえども完全無欠の神様ではない以上、事実認定に誤りがないとはいえない。もし事実認定に誤りがあると、麻原被告人が首謀者である以上、他の被告人の裁判の事実認定にまで誤った影響を与えかねない。さらに、将来この種の犯罪を防止するための政策の立案にも影響を与えよう。

 被告人が不真面目でいるからといって、これらの公的と言っても良い事柄がゆがめられてはならないと思う。

 したがって弁護団が控訴趣意書を、控訴棄却決定後に「やっと」提出した以上、高裁は実質審理を始めるべきであろう。 

 
posted by ZT at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

姉歯元建築士の妻、自殺?

 姉歯元建築士の妻がマンションから飛び降り自殺をしたらしい。姉歯元建築士は、病気がちの妻を看病するためにやむなく偽造を行なった、と言っていた。耐震強度偽造のような多くの関係者が複雑にからんだ事件が起きると、弱い立場にいる無実の人間が、事件の陰で深く傷つくことも多い。
 
 妻は他の関係者のように開き直ったり、しらばくれたりすることが出来ない人であったのかも知れない。このような人のもとに多数の匿名の脅迫文が送られてきたのかも知れない。

 と考えてみても、推測の域を出ない。とにかく、たとえどんなに大きな事件が起きても、このような立場の人を興味本位で批判したりすることは、慎むべきだと思った。
posted by ZT at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

滋賀2園児殺害事件と幼稚園義務教育化!

 滋賀で2園児がグループ送迎中に母親に殺害される、という事件が起こった。原因はその母親の子育てや家族同士の付き合いについてのストレスだ、と現在のところ報道されている。

 身勝手な犯罪である。しかし今後、幼稚園が義務教育化するのだから、このような犯罪を未然に防止することが、さらに求められよう。

 まず、このようなグループ送迎中の犯罪や事故についての責任は誰がとるのだろう。責任者を決めることは、送迎中の園児の保護を徹底するためにも重要である。

 第一に送迎中の園児を保護する責任は、送迎を担当する母親にある。では幼稚園側の責任はどうか?。幼稚園側はグループ送迎をした母親に全責任がある、と言って自分には責任がない、というような主張をするだろう。しかしこの事件の場合、グループ送迎を強いたのは幼稚園側であり、また園児を保護するはずのこの母親が情緒不安定なことも知っていたはずである。とすれば幼稚園側にも、かなりの責任があるとも言える。
 いずれにせよ、責任の所在や程度が不明確である。これでは送迎中の園児の保護が徹底できない。
 
 また、そもそもグループ送迎は、送迎を担当する母親にとって過剰な負担ではないか。

 だったら国等の援助で送迎バスで送り迎えをすることがよい。そして送迎バスには幼稚園の先生が乗り込むことにして、送迎中の責任は幼稚園が負うことにする。いわばバスの中は幼稚園の延長と見るわけである。これでこのような事件は、かなり防げるのではないか。

 政府は規制緩和を提唱しながらも、幼稚園は義務教育化すると言った。だったら親がその義務を安心して果たせるようなシステムを国が導入すべきではないか。


posted by ZT at 22:44| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

皇室典範改正問題について!

 皇室典範改正法案の今国会提出が見送りとなった。紀子さまのご懐妊がその理由であろう。
紀子さまの子が男なら、天皇の後継ぎ問題は、あと何十年後かまで議論されないという。

 しかし、もし紀子さまの子が女なら、どうなるのだろう。その場合皇室典範改正問題を議論しないとすると、近い将来天皇の後継ぎがいなくなるおそれがある。その結果、雅子さまや紀子さまは周囲から男子出産の無言の圧力を受け続けることになり、酷であろう。
 そこで紀子さまの子が女と分かったあとで、皇室典範改正問題を議論すると、政界も国民も真っ二つに割れてその賛否を感情的に議論することになり、本来おめでたいはずの紀子さまの出産を国民が一致して祝えないこととなる。

 だったら今、皇室典範改正問題について徹底して議論を尽くして、今国会で改正するべきではないか?。
posted by ZT at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。