2006年05月29日

【ライブドアへの損害賠償】

「フジテレビの日枝久会長は26日の会見で、証券取引法違反事件で起訴されたライブドアの株式を売却した際に生じた約345億円の損失について、早ければ6月にも損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を示した。 
 同日のライブドア事件の初公判で法人としてのライブドアが起訴事実を大筋で認めたことを踏まえたもの。」(毎日新聞五月二十七日)

 確かにライブドアの株主はライブドアの株式を保有して、株価下落により損害をうけた。

 だから、個人投資家が損害の全額賠償を求めるのはもっともだ。しかしフジテレビのような大企業株主が、個人投資家と同じく損害の全額賠償を求めるのは、ちょっとおかしい。

 大企業は個人投資家と違い、提携先企業の財務状況(財政状態や経営成績)が正しいかどうかを徹底的に調査する能力を持っているからだ

 このようなフジテレビが、この調査能力をフルに発揮しないでライブドアの株式を取得して株価が下落しても、自業自得だと言える面がある。したがって全額賠償などおかしい。

 また、フジテレビがライブドアに損失の全額請求をすると、個人投資家に対する賠償資金が減ってしまい、個人投資家の損害が賠償されなくなるおそれがある。 

 したがって、個人投資家の保護のためにも、フジテレビは損失の全額請求などすべきではない、と思う。
posted by ZT at 02:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

『企業の不正防止策に疑問!』

「自民党金融調査会の企業会計小委員会(渡辺喜美委員長)は十九日会合を開き、中央青山監査法人に対する業務停止命令など、続発する不正経理問題について討議した。
 この中で、会計監査制度見直しの柱の一つとして、監査法人に対する行政制裁金(課徴金)制度導入の是非を検討する方針を確認した。」(フジサンケイ ビジネスアイ5月20日)

 「カネボウの粉飾決算事件で業務停止処分となる中央青山監査法人の顧客企業のうち、二十六社が担当監査法人を変更することが二十日、分かった。企業監査の厳正化を求める声が強まる中、不祥事を起こした中央青山離れに拍車がかかった形だ。」(東京新聞5月20日経済)

 また、トカゲのしっぽ切りがはじまったか、という印象だ。日本の公認会計士、監査法人の地位はアメリカに比べて著しく低い。 

 例えば、大会社の作成した計算書類に対し、公認会計士や監査法人が不正を見抜き、「この計算書類が適法である」という意見を付さなかったとする

 アメリカならこの不正のある計算書類を作成した大会社の取締役が責任を問われクビになる。しかし、日本なら、この計算書類を適法としなかった公認会計士や監査法人が解雇されると言われている。

 このような本末転倒の実務を改善するために公認会計士や監査法人の地位をまず高めるべきではないか。
 公認会計士や監査法人に対する制裁は、そのあとの問題だ。
posted by ZT at 02:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

【耐震偽造の防止策は?】

 五月十七日の東京新聞によると、衆議院国土交通委員会の損考人質疑の中で有識者らが意見を陳述した。そこでは「政府案に盛り込められた建築確認の厳格化で偽造が防げるかについては疑問」という声が出た。

 ということは、建築確認の厳格化だけでは耐震強度偽造は防げないことになる。

 そこで、思い切って、外国人建築士と外資系建築会社に、日本のマンション等の高層ビルの建築を請け負わせてはどうか

 構造建築士に支払われる設計料は安く、建築士は生活のため関係者の言うがままに偽造してしまうこともある。それに加え関係者が日本人同士だと「なれあう」。

 だとすれば、欧米の業者や建築士が、日本のマンションの設計を行ない完璧なマンションを多く建築すればよい。

 そうすれば、競争原理が働き、日本の建設会社も、建築士にまともな設計料を払い建築士もしっかりとした設計をするようになり、また日本特有の建築関係者の「なれあい」構造も、しだいになくなるのではないか
posted by ZT at 02:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

『耐震強度偽造は全国的?』

四月二十九日の東京新聞一面にこんな記事が載っていた。

 阪神大震災直後に現地調査した建築専門家は言った。
 
 「倒壊した住宅や、途中階がつぶれたビルを目のあたりにするうちに、こみ上げてくる怒りを抑えることが出来なくなった。『これは人災ではないか』と。」

 この建築専門家の怒りが正しいとすると、耐震強度偽造は姉歯建築士だけではなく、阪神大震災で倒壊した住宅やビルを建築した建築士等もまた行なっていることになる。

 ということは、他の地域でも行なわれている可能性が高い。姉歯事件は氷山の一角にすぎず、トカゲのしっぽ切りとして扱われるのだろうか。

 国や住宅ビルの販売会社は、全国の住宅やビルの耐震強度を検査すべきではないか?。ちょっと壁に穴を開ければ済む検査なのだから。
posted by ZT at 02:07| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

いきすぎ!個人情報保護

 「病気や自殺などで親を亡くした子供たちの進学を支援する『あしなが育英会』(東京都千代田区)に、遺児情報を提供する中学校が激減している。05年4月に施行された個人情報保護法が原因とみられる。育英会は『提供された情報をもとに、奨学金の存在を遺児に知らせていた。このままでは奨学金制度を知らずに進学を断念する子供たちが増えてしまう恐れがある』と心配している。」(四月二十三日毎日新聞)

 個人情報保護法って、個人の住所氏名などが不正に利用されることを防ぎ、その個人を保護するための法律だろう。

 それなのに、この法律が施行されたために、遺児個人の情報が育英会に提供されず、その遺児が進学を断念してしまうのでは、個人の利益を保護するという法律の目的に反することになる

 どこまでの情報を提供すべきか、またどこまでの情報を提供してはならないか、について行政は具体的にガイドラインを示した方がよい
posted by ZT at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

JR西、ストライキ!

 「JR西日本労働組合(JR西労、約1100人)は22日、『安全を無視した効率化を中止し、人員を増やすべきだ』として、運転士を中心に135人が25日0時から12時間の時限ストを行うと発表した。JR西日本によると、ストによる列車運行への影響はない見込み。
 
 JR西労は『JR西日本の不安全体質を一新することが福知山線脱線事故遺族の願いだと考え、この時期に決行することにした』と説明している。同社は『事故から丸1年を迎え、将来に向けて安全を誓うべきこの時期に、ストを計画していることは極めて残念で理解に苦しむ』とコメントした。」(時事通信四月二十二日)

 JR西労組は、JRの安全を無視した効率化を中止させるためにストライキをするらしい。JRのような大きな組織では現場の声が上に伝わらず、上は効率を求めて無理なスケジュールを現場に押しつけやすい。現場の声を列車の運行に反映させ乗客の安全を図るために、ストライキはやむを得ないと思う

 
 
posted by ZT at 19:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

NHK、受信料不払者の罰則見送り?

NKKホームページ「なんで受信料を払うの?」を読んだ。

 要するにNHKの目的は公正公平な放送により国民の生命財産を守り、公共の福祉、文化の向上に貢献することである。それには政府企業に頼らない「財政の自立」が必要であり、「財政の自立」を確保するために受信料制度が認められる、ということだろう。  

 しかし現実には職員がカラ出張問題により2000万円近くを着服していた。この金はもともと視聴者が支払った受信料であり、本来なら放送を通じて国民の生命財産を守り、公共の福祉、文化の向上に貢献するために使われるべきであった。ところが、財政の自立性により外部のチェックが及びにくいのを利用して、職員が使い込んでいた

 タテマエと現実の落差には驚かざるを得ない

 竹中総務相の「放送懇」が受信料不払いの罰則を見送ったのは正解であった。
posted by ZT at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

人工透析で医療ミス!

 「岐阜市の朝日大学歯学部付属村上記念病院は19日、人工透析を受けた患者33人のうち、15人が血圧低下や吐き気などを訴え、経過観察も含め24人が一時入院する医療ミスがあった、と発表した。

 透析装置の取り扱いにミスがあり、消毒液の一部が透析液に混入したのが原因。発生は15日で、現在は全員が回復している。

 病院側によると、透析装置に付属している自動洗浄用のパイプ部分に、消毒液ボトルの粘着剤が入り込み、本来、閉じるべき弁にすき間が出来て、そこから消毒液が混入した」(読売新聞四月十九日)

 病院側は弁を二重にするなどの再発防止策をとったという。しかし、この事件は人災ではないか?弁にすき間が出来ているのに、これを見逃したからだ

 本来閉じるべき弁に、すき間が出来ていないかどうか、しっかりチェックをする体制を確立したほうがよい。単に弁を二重にすればそれだけで再発が防げるものではないと思う。

 弁を二重にしても、どちらの弁にもすき間があったら同じ事故が起こるからだ。
posted by ZT at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

航空業界、命より金もうけか!

 「スカイマークエアラインズで整備ミスが相次いだ問題で、国土交通省は17日、現在行っている特別監査で安全管理体制に問題が見つかったとして、具体的な業務改善を求める勧告書を同社の西久保慎一社長兼会長に手渡した。」

 「スカイマークを巡っては、同社のボーイング767機が今年3月、機体の傷を放置したまま修理期限を9カ月過ぎて運航を続けていたことが発覚、国交省が特別監査を行っていた。」(毎日新聞四月十七日)

 会社は放置すれば経済活動の自由を濫用して、他人のことをかえりみず利益を上げることに邁進しやすい。そこで国家などの規制が必要になる。航空業界も規制緩和により、経営が自由になったと言われている。

 しかし国民の生命にかかわるような分野については、規制緩和ではなく逆に国の強い規制必要なのではないか?

 規制緩和による国家経済の活性化国民の利益になるからこそ認められるのだろう。だったら規制緩和により、国民の生命が危険にさらされる場合はこのような規制緩和は許されないことになる
posted by ZT at 20:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

賞味期限を偽って販売!

 「農水省は18日、賞味期限を過ぎた冷凍イクラ期限を偽ったラベルを張ってインターネットで販売したとして、宅配業『ヤマト運輸』(東京都中央区)とインターネット販売業『アセットアルカディア』(千代田区)の2社を、食品表示を定めたJAS(日本農林規格)法などにより厳重注意とした。ラベルを張り替え、賞味期限を最大5カ月超えた食品が売られていた。」(毎日新聞四月十八日)

 利益を上げるためには客の健康を害する可能性があってもやむをえない、という企業の体質が良く現れている。規制緩和で経済活動の自由を最大限認めれば結局企業は利益を上げることばかりを考え、客は利益を上げるための手段にすぎない存在になってしまう。耐震強度偽造問題もこうして起きたのだろう。
posted by ZT at 23:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。