2008年01月04日

■医師の増加が必要

 「大阪府富田林市で25日、体調不良を訴え救急搬送された女性(89)の受け入れ先が約2時間決まらず、隣接する河内長野市内の病院で死亡していたことが分かった。」(12月28日毎日新聞)

 医師の数を増やした方がよい。ロー・スクールを作って弁護士の数を増やすよりも、現実に医師が不足してこのような死亡事故が起きているのだから、まず医師の数を増やすべきではないか。これにより、専門医が救急病院に常勤することが可能になるのではないか。

 自分や自分の家族がこのように救急車でたらい回しにされたら、たまらないと思った。
posted by ZT at 02:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

医師は「魔法使い」じゃない。
Excerpt: ■「拒否」ではなくて「不可」「不能」では…。 <救急搬送拒否>交通事故の79歳女性死亡 福島(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/h..
Weblog: ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜
Tracked: 2008-01-04 14:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。