2007年12月25日

■明大元応援団員、自殺

 「明治大学の応援団リーダー部に所属していた理工学部3年の男子学生(当時21歳)が、部の先輩から暴力を受け、今年7月に自殺していたことがわかった。大学の調査委員会には暴力行為を撮影したビデオがあるとの情報も寄せられており、同委はさらに調べを進め、来年2月にも最終報告をまとめる予定だ。」(12月24日毎日新聞)

 応援団にしろ相撲部屋にしろ、厳しい上下関係はつきものだ。しかしこのような厳しさも思いやりや愛情に裏付けされてこそはじめて価値があるように思える。
 
 

 
タグ:応援団 自殺
posted by ZT at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74506970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。