2006年07月23日

【畠山容疑者の卒業文集】

 「藤里町の米山豪憲君殺害事件で、畠山鈴香容疑者(33)=死体遺棄罪で起訴、殺人容疑で再逮捕=の高校卒業文集に、当時の同級生らが『秋田には帰ってくるな』といった書き込みをしていたことが公になり、県教委は5日の定例教育委員会で、文集が作られた経緯などについて報告した。当時の男性担任教諭は『教壇に立つ者として大変未熟だった』などと後悔しているという。

 畠山容疑者のページには、同級生たちが『帰ってくるな』『いじめられたおかげでお前も強くなったべ』などと中傷するような内容の書き込みがあり、新聞やテレビで取り上げられた。」(asahi.comマイタウン秋田7月6日)

 そのほか、「会ったら殺す」「いつもの声で男ひっかけんなよ」「いろいろな意味で有名になりそうな人 畠山 自殺詐欺 強盗 殺人など」とあった。

 その他畠山容疑者の文集についてはグーグルで「畠山 文集」と入れて検索してキャッシュで閲覧してください。

 これらのいじめは度を超しているのではないか? 文集の書き込みは卒業後1年たっても10年たっても永久に変わらないのである。10年たっても同級生は「会ったら殺す」などと言いつづけていることになる

 このような暴言を吐くことは許されないことは勿論であるが、担任や同級生は活字の重みも十分わきまえるべきであった
posted by ZT at 05:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21235653

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。