2006年04月22日

JR西、ストライキ!

 「JR西日本労働組合(JR西労、約1100人)は22日、『安全を無視した効率化を中止し、人員を増やすべきだ』として、運転士を中心に135人が25日0時から12時間の時限ストを行うと発表した。JR西日本によると、ストによる列車運行への影響はない見込み。
 
 JR西労は『JR西日本の不安全体質を一新することが福知山線脱線事故遺族の願いだと考え、この時期に決行することにした』と説明している。同社は『事故から丸1年を迎え、将来に向けて安全を誓うべきこの時期に、ストを計画していることは極めて残念で理解に苦しむ』とコメントした。」(時事通信四月二十二日)

 JR西労組は、JRの安全を無視した効率化を中止させるためにストライキをするらしい。JRのような大きな組織では現場の声が上に伝わらず、上は効率を求めて無理なスケジュールを現場に押しつけやすい。現場の声を列車の運行に反映させ乗客の安全を図るために、ストライキはやむを得ないと思う

 
 
posted by ZT at 19:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JR西労は、もっとしっかり組合員を
カバーしなさい。25000円もの高い組合費を
取りながら、口先だけの組合は、いらないと
いう方も多い。私の会社の組合費は5000円だが
組合員の為に、死ぬ思いでガンバつてくれてる。
とりかくストでもなんでもいいから会社を
風土を返させなさい。
Posted by ひろし at 2006年06月30日 06:42
コメントありがとうございます。

雇用の確保をはじめ、リストラとか会社内のセクハラ等が問題になっている最近ですが、組合がしっかりと活動していれば、今ほど問題化していないと思います。
Posted by ZT at 2006年06月30日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。