2006年04月21日

NHK、受信料不払者の罰則見送り?

NKKホームページ「なんで受信料を払うの?」を読んだ。

 要するにNHKの目的は公正公平な放送により国民の生命財産を守り、公共の福祉、文化の向上に貢献することである。それには政府企業に頼らない「財政の自立」が必要であり、「財政の自立」を確保するために受信料制度が認められる、ということだろう。  

 しかし現実には職員がカラ出張問題により2000万円近くを着服していた。この金はもともと視聴者が支払った受信料であり、本来なら放送を通じて国民の生命財産を守り、公共の福祉、文化の向上に貢献するために使われるべきであった。ところが、財政の自立性により外部のチェックが及びにくいのを利用して、職員が使い込んでいた

 タテマエと現実の落差には驚かざるを得ない

 竹中総務相の「放送懇」が受信料不払いの罰則を見送ったのは正解であった。
posted by ZT at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16873476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。