2006年01月11日

ブログを規制?。新生児誘拐事件から。

 1月11日東京新聞朝刊(こちら特報部)にブログの規制問題が載っている。仙台の新生児連れ去り事件については途中から報道協定が結ばれ事件についての報道がほとんどなされなくなった。

 にもかかわらず、もしあるブログが「これって誘拐事件じゃないの。だったら多額の身代金が要求されているはず。警察がんばって!。現在の逆探知の技術は云々」と書いたとする(もちろん実際はこんなブログはなかったが仮定の話である)。すると、これを知った犯人は「警察へ知らせるとは約束違反だ」とか「完璧な逆探知がされている。逃げられない。」と思い自暴自棄になり被害者に危害を加える、ということも起こる可能性がある。したがってこのようなブログは規制したほうがよいのか、と言う問題である。
 
 もともと報道協定は’60年5月の誘拐事件で犯人の要求や捜査の状況が逐一報道され、そのため犯人は追いつめられ被害者を殺してしまったが、このことに対する報道各社の反省を踏まえて出来たものである。とすると、このような報道協定破りのブログにより被害者の生命が奪われる危険がある。

 そこで「ネット上の表現の自由を拘束することには簡単には賛成できない」としながらも「営利目的の誘拐事件に限っては被害者の安全が確保されるまでの一定期間プロバイダーに対し自主規制を求めることも必要である」という意見もある。
 しかし自主規制を求めるにしても、どのような自主規制を求めるのかが問題である。例えば事件の当初は検索サイトで検索できたのに、途中から検索サイトで一切検索できなくなってしまうと、報道協定が結ばれたことが犯人にわかってしまう。

 他方「ネット情報は無責任な情報が多い。したがって、このようなネット情報と報道との違いを情報の受け手に識別させることが必要で、規制の必要はない」という意見もある。要するに「ブログの記事には報道記事と違い、根拠のないものも多い。このことを読み手に分からせれば、ブログの記事に読み手が振り回されることはない。ゆえにブログを規制する必要はない。」ということだろう。
 しかし犯罪を実行中の犯人にこのような冷静な判断ができるのだろうか。自分の犯行について載っているブログをみると過度に興奮して危害に及ぶ危険もあるのではないか。

 いずれにせよこの問題はブログによる表現の自由を保障しながら被害者の生命の保護をはかる、という難しい問題である。大学教授 ジャーナリスト、弁護士と言う識者の間でも意見が分かれている。いずれにせよ、規制以前に一人一人のブロガーの倫理観が大切であろう。
 
posted by ZT at 23:32| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
ブログにそんな問題意識が発生しているのは初めて知りました。
これは、むしろブログを規制対象とするよりも、ブロガーが憶測を記事にしないという事をマナー化する方が妥当と思います。例えば火事の現場に野次馬しに行って「放火かしら」と誰かがつぶやくと事実と異なっていても「放火だって」という情報となって伝わる事は良くあるそうです。なので、私は火事が近所で起きた時も、そういう話はしないようにしています。私を含め、ブロガーは節度をもって記事にすることが望ましいですね。
Posted by アズキ at 2006年01月12日 07:13
TBありがとうございます。
私も今回の事件は、近所だったり知っている場所が出てきたりで、かなり感情的になりすぎたように思います。
“節度を持って”が大事ですね。
いい勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by うさぎママ at 2006年01月12日 08:30
TBありがとうございます。
たしかにこのような事件の時のブログや掲示板の位置づけはいまではかなり需要も高いですね。
情報を誰でも発信できる以上、これら全体の規制は難しいかと思いますが、私もブロガーのはしくれとして、情報発信には慎重に行うよう心がけたいと思います。
Posted by ひげにぃ at 2006年01月12日 09:43
TBありがとうございました。
こちらでもこの件について記事にさせていただきました。
特定メディアに限らず送り手も受け手も何かと問われる時代になりそうですね。
こちらからもTBさせていただきます。
Posted by ota at 2006年01月12日 13:14
トラバありがとうございました。今回の誘拐事件、当然別にブログなど見なくても、誰もが、報道協定で記事がでないんだなとは分かりますよね。(笑)そりゃ〜〜最初に身代金誘拐では?と思わないほうがおかしいわけです。各新聞とテレビ報道を見てますと、ああ身代金要求があったなあと僕など分かりました。ブログに犯人が反応するのかどうかなどは如何でしょうか?ブログの記事は真偽が分からないところがあって当然ですし、自然発生的な声だと思いますので規制はとんでもないと思いますが。しかし、とりわけ、個人的な中傷と他人の個人情報を垂れ流すことの歯止めは必要かもしれません。その点では、基本的な視点は、他人との会話と何も変らないと思います。
Posted by ウフフマン at 2006年01月12日 19:58
TBありがとうございます。
表現の難しさを感じました。こちらが気をつけるのも当然ですが、受け手次第で内容も変わりかねないなとかいろいろと考えてしまいました。
ブログも一個人の自由な意見だったりするとはいえ、いろいろと考えさせられるなと思いました。
Posted by ゆうき at 2006年01月12日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11591616

この記事へのトラックバック

仙台 赤ちゃん連れ去り事件 無事保護
Excerpt: 無事保護の報道を聞いて、本当に安心した。 生後間もない赤ちゃんの健康管理は、室温20度を保たなければならない。 授乳も、1日8回と、とにかく大変なものだ。
Weblog: 日本の常識・非常識
Tracked: 2006-01-12 10:00

新生児誘拐事件の余波「報道協定とブログの規制」
Excerpt: 今年はさらに既存メディアとネットの間でまた色々問題が出てきそうですね。 先日の仙台で起きた新生児連れ去り事件について、 誘拐事件に対する報道協定という部分で ブログに規制をかける必要があるのではとの..
Weblog: ota-broadcast
Tracked: 2006-01-12 13:14

柊羽ちゃん無事保護
Excerpt: 犯人がまだ見つかっていないなど事件について わからない点がたくさんありますが、 柊羽ちゃんが無事保護されて本当によかった。
Weblog: ゆうきにっき
Tracked: 2006-01-12 22:04

仙台新生児連れ去り、無事保護
Excerpt: 仙台市宮城野区東仙台6、光ヶ丘スペルマン病院(志村早苗院長)で6日、同区、 会社員山田斉(ひとし)さん(27)の生後間もない長男・柊羽(しゅう)ちゃんが連 れ去られた事件で、8日午前5時38分ごろ..
Weblog: 男40代サラリーマン日記
Tracked: 2006-01-12 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。