2006年01月05日

兵庫県で子供5人焼死

 兵庫県の姫路で子供5人が焼死する事故があった。配電盤からの出火らしい。日本は木造家屋が多く又住宅密集地域も多い。したがって火災が生じると一瞬のうちに燃え上がり多数の犠牲者を出す危険がある。

 したがって防火対策は諸外国より徹底したほうがよい。例えば消防署や電力会社が無料で家屋の定期点検を行うことが必要だ。そして問題ある場合には無料で修理をしたり、逃げ遅れることの多い老人や子供のいる家庭については火災報知器や消火器を設置させること(もちろん無料)くらいは、したほうがよい。

 確かに金はかかるが、日本の住宅事情のこのような特殊性を考えると、是非とも行ってもらいたい。



posted by ZT at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11364680

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。