2006年01月04日

【交通事故の死者数減少。しかし】

昨年の交通事故による死者が7千人を割った。又、年末年始の交通事故による死者も、'70年以降最少となった。死者数が減るのは好ましいことだ。

しかし、まだ昨年6千人以上の人が交通事故で亡くなっているし、年末年始には106人が亡くなっている。死者減少の理由として罰則の強化、シートベルトの着用率の上昇、エアバックの標準装備が挙げられる。

さらに死者を減少させるために、義務教育期間に交通安全教育を徹底したほうがよい。例えば、子供たちに飲酒による注意力低下等をデータに基づき講義し、飲酒運転による死亡事故の現場をビデオで見せたほうがよい。また子供たちが、被害者の生の声を聞くことも効果がある。

 若く感受性の豊かなうちに交通事故の怖さを知ることで、交通事故による死者はさらに減ると思う。
posted by ZT at 20:55| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事故をもっと減らすには、歩行者と自転車にも過失負担を増やせばいいんじゃないかな。あんまりにも無秩序なやつらが多い。それではねられたときは車が悪いって。そりゃあんまりじゃない。子供も大人ももっと周りの迷惑を考えないと事故は減らないと思うな
Posted by 温泉ビンボウ at 2006年10月14日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。