2008年01月04日

■医師の増加が必要

 「大阪府富田林市で25日、体調不良を訴え救急搬送された女性(89)の受け入れ先が約2時間決まらず、隣接する河内長野市内の病院で死亡していたことが分かった。」(12月28日毎日新聞)

 医師の数を増やした方がよい。ロー・スクールを作って弁護士の数を増やすよりも、現実に医師が不足してこのような死亡事故が起きているのだから、まず医師の数を増やすべきではないか。これにより、専門医が救急病院に常勤することが可能になるのではないか。

 自分や自分の家族がこのように救急車でたらい回しにされたら、たまらないと思った。
posted by ZT at 02:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。