2006年09月26日

◆川口園児、死傷事故

「子どもたちが笑顔で散歩するほほえましい光景が、一瞬のうちに暗転した。埼玉県川口市で25日朝、16人が死傷した交通事故。現場には園児の泣き叫ぶ声が響き、はね飛ばされて道路に横たわる子どもたちを前に、近所の人は立ちすくんだ。事故を起こした白いワゴン車が撤去されたあとには、白やピンクの小さな靴が残されていた。

 近所の人によると、事故があった路地は信号機がない「裏道」で、近道として利用するドライバーもいるという。『こんな狭い道なのに40〜50キロぐらい出して走る人もいて、何度も怖い思いをした』と憤る女性もいる。」(毎日新聞9月25日) 
 
 人間が素足で40キロ〜50キロぐらい出して公道を走れることはない。人間はそんな運動能力を持っていないし、従ってそんなスピードを100パーセント、コントロールする能力ももっていないからだ。ところが、クルマは40キロはおろか100キロ以上のスピードを出せる。

 とすれば、人間はクルマを完全に制御する能力を持ち合わせてはいないことになり、クルマはドライバーのコントロールのきかない凶器となりうることになる。

 だったら、不必要なクルマの運転は禁止すべきではないか。禁止は極論で無理としても、少なくてもドライバーはクルマの利用を自粛すべきであったのではないか?。この事故の原因も東京の繁華街で遊んだ帰りに起こしたものであり、なにも容疑者はクルマを使わなくても遊びに行けるのである。福岡の今林大容疑者の事故も、遊び(ナンパ)に行く途中で起こしたという。なにもクルマを使わなくてもかまわなかった。

 クルマ社会の今日ではドライバー自らが自粛して、クルマの利用は必要最小限の場合に限った方がよい。
 

 
posted by ZT at 02:29| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。