2006年08月03日

【亀田興毅の判定勝ち】

 「劣勢だった亀田を2−1で支持した判定結果に周囲も戸惑いを隠せなかった。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は『試合内容についてのコメントは勘弁してほしい。本人も苦戦したと認めていたように、これからに期待ということだろう。ファンの方がどう感じたかは分からない』と歯切れが悪かった。
 日本プロボクシング協会の原田政彦会長は採点表を一見し、『きょうは何も話すことはない』とだけ言って足早に会場をあとにした。」(時事通信8月3日)

 元世界王者のガッツ石松や薬師寺も、自分の判定では亀田は負けていたと言っている。

 もし判定により亀田が負けていたとする。すると亀田はボクシング技術やファイティング精神のみを考え向上させて、次の世界戦にのぞめたはずである。

 もし不当な判定により亀田が勝ったとする。すると亀田はボクシング技術や精神の向上だけでなく、周囲の非難や冷笑に対しても対応して、次の防衛戦にのぞまなければならない。

 亀田にとっては過剰な負担ではないか?。才能あるボクサーがつぶれてしまう危険すらある。
 亀田の周囲には亀田を育ててやろうとする人がどれだけいるのだろうか。彼の親や兄弟、トレーナー等はそういう人であろう。

 しかしたとえ、そういう人がいるにしても、その周りにいるマスコミ等の団体が、自らのかねもうけのために不当な判定までさせて亀田を世界王者にさせたのなら、亀田はそのような団体のかねもうけのための手段であり、犠牲者と言わざるを得ない。

 ボクシングファンはこのようなボクシングを見離すだろう
posted by ZT at 03:27| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。