2006年08月02日

【プール監視は丸投げ!】

 「埼玉県ふじみ野市の市営『ふじみ野市大井プール』で、同県所沢市山口、小学2年戸丸瑛梨香(えりか)ちゃん(7)がプール側面の吸水口に吸い込まれて死亡した事故で、市からプールの運営業務を委託されていたビルメンテナンス会社『太陽管財』(さいたま市北区)が、市との契約に違反し、監視員業務を別会社に下請け発注していたことが1日、わかった。」(読売新聞8月2日)

 国や地方公共団体の行っている仕事で、人の命を左右することについては、全面的な業務委託や丸投げなどは、決して許されることではない。 例えば医師の国家試験や司法試験については、決して国は業務委託などしないであろう。運転免許の試験についても、学科試験は警察(都道府県の公安委員会)の試験場が行っている。

 国民や市民の命を守る責任のあるのは、国民や市民の選挙によってコントロールでき、また国民や市民の税金で運用されている国や地方公共団体だからだ。

 民間の業者の責任を問う前に、人の命に関わることを全面的に業務委託した市の責任が問われるべきである。

 経費を節約するために民間に業務委託したのなら、人の命より「かね」のほうが重要なのか、と問いたい。

 
posted by ZT at 04:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。