2006年01月30日

「東横イン」と「東急イン」!

 「東横イン」=身障者用のトイレや客室を改造した。これが法律の穴をかいくぐるような違法な無断改造であるのに、社長が開き直ったような言い訳をした。
 「東急イン」=東急グループの系列の会社「東急ホテルズ」が経営するホテル。「東横イン」とは別会社であり、全く関係がない。

 これって、おかしくない?。地元に住んでいる人はもちろん、他の地方に住んでいる人だって、知っている人は知っているでしょう。「東横」っていうのは渋谷と桜木町(今は元町中華街)を結ぶ東急東横線にちなんだ名称であり、渋谷にある東急百貨店は何年か前まで東横百貨店って言っていた。

 なぜ、利用者が間違えるような名称がまかり通るのかな?。「東横イン」なんていう名称は不可、と規制したほうがよかったのではないか。他人の営業と間違えるような名称を用いることも合法だとしたら、企業の経営の自由の濫用ではないかな?
posted by ZT at 03:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。