2006年01月24日

無料プロバイダー、ライブドア

 無料プロバイダーのライブドアって知ってますか。2001年夏はじめてパソコンを買った。そこでネットにつなげるため、どのプロバイダーに入ればよいか、いろいろ調べた。すると無料プロバイダーというのがあった。

 中でもライブドアがもっとも人気が高かった。他の無料プロバイダーと比べてユーザーの拘束が少なくサービスがよいからである。ユーザーの拘束にはいろいろなものがあった。プロバイダーの中には毎日メール便で分厚いダイレクトメールを送ってくるところや、無料と言っておきながらいつのまにか料金を取るところもあった。毎日一定時間ブラウザで広告を見ないとパソコンをフリーズさせてしまう、という噂のプロバイダーもあった。

 しかしライブドアはテレビと同じくブラウザに現れる広告を見るだけで無料になったという。こういうライブドアはパソコンの雑誌のプロバイダー評価でも上位にランキングされていた。ライブドアというプロバイダーは良心的だな、と思った。

 オンザエッジの堀江社長はこのライブドアを買い取り、社名をライブドアに変更した。そして最近まで無料プロバイダー事業を続けていた。

 堀江社長が逮捕された。マスコミの大部分は堀江社長を、自社の利益しか考えず、自社の株価を上げるためには法律を犯して顧みない人間であるかのような報道をした。たしかに、そういう一面もある。この面では報道内容が真実なら堀江社長は非難されて当然である。が、無料プロバイダー事業に見るように、無償で社会に奉仕する意志をも持っていたのではないか。

 人間をたった一つの角度から切って、「この人はこういう人だ」と決めつけることは危険である、と思った。
posted by ZT at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、前原代表の代表質問!

 前々から民主党の前原代表の考え方には抵抗があった。憲法改正について自民党と同じく積極的であるからだ。集団的自衛権も部分的に認めている。「この人は自民党に入った方が良い。民主党の代表としては不適当。」と思っていた。

 しかし23日午後の代表質問はGOOD!。やっと、野党らしさを示し、しかも質問内容も説得力がある。前原代表は「ライブドア」「耐震偽造」「米牛肉輸入」を3点セットとして小泉内閣の構造改革を批判した。今、マスコミを騒がせているのはライブドアの堀江社長の逮捕である。しかしそれ以上に重要なのは「耐震偽造」や「米牛肉輸入」である。前者は自民党や公明党といった与党に深く関わっており、もみ消されるおそれがある。後者はアメリカの圧力に小泉政権が妥協し国民の生命健康が害されうる。

 前原代表は「自民党は堀江社長を小泉改革の広告塔として利用した。それで膨れあがった自民党の議席は『粉飾』だ。」と言い切った。まさにその通り。前原代表は自らの代表質問が口だけではないことを証明して欲しい。そうすれば民主党も政権獲得に一歩近づくのではないか。
posted by ZT at 03:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。