2006年01月03日

虐待4歳児の死亡と母子保健法!

 東京新聞朝刊によると、父親に虐待された4歳児が死亡した。他方同新聞は、父親の育児参加を明文化する母子保健法の改正についても報道している。

 この両記事は関係づけて考えたほうがよい。母子保健法改正の目的は、父親を育児に参加させることによって母親を育児から解放し、子を産もうとしない母親を減らす所にあり、いわゆる少子化対策の一環らしい。

 だとすれば、父親に育児に参加できるだけの知識や適性が必要である。育児についての知識や適性が父親になければ、通常母親は父親を育児に参加させないからである。それゆえ、育児のための講習会や適性検査を、父親に行った方がよい。 

 そして適性を欠く父親に対しては、さらに講習会を課したり又専門のカウンセラーの助言指導を受けさせること等が必要だと思う。このように行政が父親を直接サポートすることによって、はじめて父親による子の虐待は減り、また少子化対策も機能すると思う。


posted by ZT at 21:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。